HOME > 事業内容 > 産業廃棄物処理・リサイクル > その他周辺事業 > 緊急時ヘルプライン

印刷する

緊急時ヘルプライン(環境汚染の防止と復旧)

油などの拡散防止、回収・処分をはじめ
環境汚染の防止と早期の復旧をお手伝いします。

液体である油や酸・アルカリなどは、時間が経てば経つほど周囲に広がり、汚染が拡大します。 一刻を争う非常事態だからこそ、ダイセキは全国6カ所にある事業所が連携体制をとって、環境汚染の防止と復旧に向けて緊急出動し、漏洩した油等の回収作業とその処分を実施します。

ダイセキにできること

●車両による油の回収 ●オイルフェンスによる拡散防止 ●油吸着材や中和剤の散布
●酸・アルカリや汚泥の液状物、消火廃液などの回収・処分 ●現場洗浄などのメンテナンス作業

緊急時の連絡先:名古屋事業所 TEL:052-611-6321/北陸事業所 TEL:076-275-6585/関西事業所 TEL:078-949-1180/九州事業所 TEL:093-701-2016/関東事業所 TEL:0283-24-8006/千葉事業所 TEL:0438-62-8798

これまでの実績

1997年 ナホトカ号重油流出事故

ロシア船籍のタンカー「ナホトカ号」が、島根県隠岐島沖で沈没。大量の重油が日本海に流出し、島根県沖から石川県にかけての広い地域に漂着しました。 ダイセキは北陸事業所を中心に、油の回収作業に尽力しました。

ナホトカ号重油流出事故に対して海上保安庁長官賞、海上災害防止センター長賞を受賞

2011年 東日本大震災

東日本大震災では、地震と津波によって多くの工場が被災し、重油等が土壌や海・河川に流出する事態となりました。関東事業所、千葉事業所が中心となって、緊急体制を敷いて、救援活動に向かいました。

東日本大震災の救援活動に対する感謝状

東日本大震災の救援活動に対する感謝状